web小説レビュアーのすすめ


 web小説における感想・レビュー活動の利点と、今後の展望を書いています。

全員が書き手とレビュアーを掛け持ちする時代が来る


 最近、他人のweb小説に感想を寄せる「レビュアー」が人気になってきています。

「素人の小説を読んで、わざわざ感想を書くなんて暇人なんだな」

 そう思う方がいらっしゃるかもしれませんが、それは大間違いです!

 レビューをすれば書き手は喜びます。
 今後レビュアーが増え続ければ業界活性化にも繋がります。

 しかし、それよりも大事なことがあるんです。

 レビュー活動は自分のためになる!

 レビュアーが流行ってきているとはいえ、まだまだ頭数が少ない現状です。もっと増えてくれると良い世の中になるとは思いますが、1年以上レビュー活動をした自分から言わせれば「得することばっかなのに、なんでみんなやらないの?」といった気持ちです。

 というわけで、今回はレビュアーになることのメリットを紹介します。

友だちが増える


「与えよ、さらば与えられん」

 という言葉があります。これは聖書の一節ですが、実際に心理学では「たとえ嫌いな人が相手でも、何かを貰ったらお返しをしたくなる」という研究結果が出ています。ギブアンドテイクは、とても強力な法則なのですね。

 誰からも感想を貰えない、そもそも読まれない……もし貴方が一人ぼっちで悩んでいるのなら、まずは誰かが書いた小説を読んで、感想を書きましょう。最初は思うようにお返しが貰えないかもしれませんが、続けることで友達が増えて、影響力が高まります。

小説に対する理解が深まる


「小説をレビューする」ということは、創作に対する良し悪しを語ることになります。今までは「好き」「尊い」としか言えなかったものに対して「~だから良い」と言えるようになれば、考察力が上がって自分なりの方法論を作れますし、自分が小説を書く時に大きな武器となるでしょう。

 他人の作品を読んだり感想をつける時は、興味のないジャンルほど効果的です。まったく知らない分野では珍しい技術が使われていたりしますし、とても面白いです。慣れない文章を読むと、脳に刺激が与えられるので知性も磨かれます。

相互評価や自動RTに頼る貴方の未来は暗い


 ここでひとつ、僕が創作したAさんの話をしましょう。

 Aさんは小説投稿サイトから書籍化を目指していました。書籍化するにはサイト内のランキング上位に掲載される必要があったため、SNSや掲示板で相互評価をして、ポイントを集めていました。

 Twitterでは自動ツイート・自動フォローのbotを作って無差別に他人の小説をリツイートします。フォロワー数は5000にも上りましたが、ほとんどがbotでした。でも数字は立派だし、他人との交流に興味がなかったので、特に気にしていませんでした。

 時間をかけた結果、ようやくランキングに載ることができました。「これで自分の作品は人気間違いなしだ!」……Aさんはそう思っていましたが、書籍化の話は来ないどころか、大した反響もなくすぐにランキングから外れてしまいました。

 それもそのはず。Aさんの作品は通報されていて、サイトの運営から削除されてしまったのです。今までの苦労が水の泡となってしまったAさんはやる気を失い、小説を書くのが嫌になってしまいました。


 Aさんはその後、web小説界隈でレビュー企画が流行っていることを耳にしました。書き手同士が互いの作品を読み合ったり、感想をつけているレビュアーたちがとても楽しそうに見えます。Aさんは、あることに気づきました。

「レビュー活動してる人たちは、フォロワーが多い!」

 しかも、Aさんのフォロワーと違ってbot化してるアカウントは少なく、色んな人と毎日のようにリプライを送り合っています。レビュアーさんが小説やブログ記事を書いてツイートすると、たくさんの「生きた人たち」がリツイートしてくれます。

「こ、これが本当の宣伝……本当のセルフプロデュースなんだ……!」

 そう気づいたAさんは、色んな人の作品を読んで感想をつけるようになりました。書き手たちの小説企画にも参加して、順調に「生きた人たち」と知り合いました。AさんはTwitterが楽しくなり、毎日のようにフォロワーさんと交流していきます。

 書籍化への道は遠いままでしたが、不思議とやる気はなくなりませんでした。それどころか小説を書きたい意欲がどんどん増していきます。仲間と小説で遊びたかったのもありますが、レビュー活動で思いついた自分なりの小説理論を試したくなったのです。

 Aさんはめきめきと腕を上げて、ファンの数も増えていきます。今度はズルをしなくてもランキングに掲載されるようになり、さらにフォロワー数は加速していきました。そんなある日、Aさんの元にひとつのメールが届きます。

「○○社の編集部です。貴方の書いた小説を書籍化させてください」


この記事を書いた人

運営者:クロスグリ


 小説家志望の元ライター。
 プロの小説家になるべく、日々勉強しながらサイト運営しています。
 作品の下読み依頼や、個別相談(創作カウンセリング)等も受け付けています。
 気になったらTwitterフォローお願い致します。

このサイトについて 欲しいものリスト


スポンサーリンク

あわせて読みたい

web小説における感想・レビュー活動の利点と、今後の展望を書いています。

コメントを投稿

[disqus][facebook]

Author Name

{picture#https://4.bp.blogspot.com/-1zLucze5Byg/WA1R7mlH4hI/AAAAAAAAAYU/2gibmrPA7AITohNOUcfZi0ZYmNEt9UM1gCPcBGAYYCw/s320/S_4860987874792.jpg} YOUR_PROFILE_DESCRIPTION {twitter#https://twitter.com/crosgre}

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

© 2016 Project "Crosgre" Self employed. Powered by Blogger.