ビットコインの基礎知識と使い方


 猿にでも分かる!ビットコインや仮想通貨(暗号通貨)の説明と、電子マネーとの違いを解説。一般的な使い道についても考察しました。読むのが面倒くさい人のために、最後に特徴を箇条書きにしています。

ビットコイン(仮想通貨)とは?


 ビットコインとは、世界中で使うことの出来る通貨です。現金のように形のあるものではなく、インターネット上にデータとして保存されています。どこかの国や組織が管理している物ではありません。

 2009年にサトシ・ナカモトという日本人が考案したとされています。「自由度の高いお金」というコンセプトに惹かれる人が続出し、利用できる店舗が世界規模で増え続けています。需要が高まる一方で、日本では投機の対象となっています。

電子マネーとの違い


 電子マネーとは日本円をデータ化したものです。国内でしか使うことはできませんし、法律上では日本円として扱われます。利用するには専用のカードを作る必要があり、多くの場合はそのカードを使って決済・チャージをすることになります。

 ビットコインのような仮想通貨は、日本円ではありません。特定の国や組織が管理しているものではなく、完全に独立しています。そのおかげで法律によって縛られないのが最大の特徴です。

仮想通貨のメリット


 ビットコインが円、ドル、ユーロらの現金にはないメリットは、以下の通りです。

  1. 世界中で使える
  2. 法律に縛られにくい
  3. 一部の外貨より信用できる

 世界中で使えるという特徴は、海外旅行や海外通販を利用する時に役立ちます。例えばアメリカに行って買い物をしたい場合は、手持ちの日本円をドルに両替しなければいけません。この時に手数料がかかってしまいますが、ビットコインなら両替する必要がないですし、クレジットカード会社のような仲介・代行業者を介する手間もある程度は省けます。送金がスピーディで、銀行だと翌日振込みになるところを10分で済ませることができます。

 法律に縛られにくいという特徴によって、日本円では不可能なことを可能にできます。例えば資金決済法という法律のせいで、銀行と資金移動業者しか現金の移動ができません。つまり、個人間送金は制限されているのです。しかし資金決済法は日本円に関する法律なので、ビットコインは対象外です。数秒の動作で、いつでも・どこでも・誰とでもお金の送受信が可能なのです。

 一部の外貨より信用できるという特徴は、日本ではあまり実感できない話です。中国が発行している人民元は偽札が多いので、電子マネーや仮想通貨のほうが信用できます。キプロス共和国では全預金に6.57%~9.9%の税金をかける「キプロス・ショック(キプロス危機)」という金融危機が起きました。その際に税金対策として、ユーロやキプロス・ポンドをビットコインに替えて難を逃れる人が現れました。さらに政情不安定な国だと、国そのものが潰れて現金に価値がなくなる可能性もあります。そういった数々の生活問題を事前に回避できるのも、ビットコインが愛される大きな理由です。

仮想通貨のデメリット


 ビットコインにも様々なデメリットや問題点があります。それが以下の3点です。

  1. 取引所が倒産する
  2. 相場が不安定
  3. 今後どうなるか分からない

 2014年にMt. Gox(マウントゴックス)というビットコイン取引所が倒産しました。そこにビットコインを預けていた人たちはすべて消失してしまい、支払ったお金は戻ってきていません。社長のマルク・カルプレス氏は「原因はサイバーハックだ」と言っていますが、真相は不明。……とはいえ、取引所は銀行と比べて資産と人材が足りていない企業ばかりなのは事実です。「若い企業にお金を預けるのは気が引けるよね」という状況で、このような事件が起きてしまっては、取引自体が不安になってしまいます。

 ビットコインは相場が不安定で、1日に20%くらい価格変動しても珍しくありません。そうなると日本円換算でビットコインを支払いたい場合は不便ですよね。例えば1000円分のビットコインを支払う場合、何BTCを払えば良いのか相場を調べないといけません。現在の価値が感覚的に分からないというのは、大きなデメリットです。「仮想通貨で買い物がしたいから」と、100万円分のビットコインを購入して、翌日には100万円が50万円になってしまった……というケースも起こりうるので、メインの決済方法としては使えません。

 新しい技術・概念がいくつも採用されているため、今後どうなるか分からないというのも大きな不安点です。まだまだ歴史が浅いので、これからも通貨として存続できるか断言できる人がいないんですね。現にシステム上の問題があって、ビットコインは分裂して「BCC(ビットコインキャッシュ)」が生まれました。ビットコインによって大きな利益を得ている人は多いので、存在自体が消滅することはないと思いますが、既存の特長が失われる可能性はあります。法律の改正によって、持ち前の自由さが消えるかもしれませんしね。

【取引所】
 ビットコインをはじめとする、仮想通貨の売買や保管をしてくれる企業。日本では主にCoincheck、bitFlyer、Zaifが人気である。

【BTC】
 ビットコインの略称または単位。1BTC=ビットコイン1枚。最小単位は「1Satoshi」と言う。詳細は以下を参照。
0.01BTC=1cBTC
0.001BTC=1mBTC
0.000001BTC=1μBTC
0.00000001BTC=1Satoshi

【BCC/BCH(ビットコインキャッシュ)】
 主に中国の富裕層が支持している仮想通貨。ビットコイン利用者増加によって、システム上の問題が生まれてしまった。解決策としてプランAとプランBが提示されたのだが、どちらの勢力も譲らなかったため、ビットコインは分裂することになった。

ビットコインの信用性


 ビットコインは発行量が決まっていて、2040年には2100万BTCまでが世界中に流通します。これは金(きん)と同じで、金も埋蔵量が決まっている(増えることがない)から、価値があるわけです。もし好きなだけ増やせるのだとしたら、ビットコインを発行しまくって価値が暴落する危険があります。「少なくともジンバブエみたいなハイパーインフレにはならない」ということが分かっているので、ある程度の信用をもって取引ができます。

 ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨には、中央銀行のような管理の大元が存在しません。世界中の誰もが取引データを閲覧できて、計算結果を全員で共有・管理しています。このシステムを「ブロックチェーン」と言います。そのおかげでデータ改ざんによる通貨偽装を防ぐことができるので、偽札のようなものは生まれません。ちなみに、取引データは暗号化されているので、個人情報漏えいの心配もありません。

ビットコインの使い方


 基礎的な説明はここまで。

 現在の日本では、投機の対象としか見られていないビットコイン。「ギャンブルなんかやりたくないよ~」という人には、手を出しづらい状況かと思います。

 しかし、通貨として大変便利なのは事実。使い方次第では今までの生活をより充実させてくれます。

取引を簡略化し、保険として持っておく


 一般人からすると、以下の3点が主な使い方となるでしょう。

  1. 楽な決済方法として
  2. 日本円のサブとして運用
  3. 日本円の価値が暴落した時のために備える

 スマホで購入できて、スマホで決済できるので、電子マネーとして使うことができます。取引が簡単になりますし、小銭も増えない。ビットコインを持っていればサイフがスリムになりますし、そもそもサイフを持つ機会が減るかもしれません。……しかし、国内では利用可能な店舗がまだまだ少ないので、未来の話になってしまいますね。

 海外通販を利用する場合、手数料を抑えたい場合、今すぐ送金したい場合など……現金よりも、ビットコインのほうが得をするケースは多いです。人によっては「仮想通貨じゃないとダメなんだ!」という場面も出てくるでしょう。そういった状況に備えて、ビットコインをいくらか保有しておくと安心ですよね。

 日本は非常に安定した国で、現金に対する信頼も厚いです。しかし、世の中何が起こるか分かりません。日本円が紙切れになる可能性も、全くないとは言い切れないかもしれません。そういった事態に備えて、資産の何割かをビットコインに替えるという選択もあるでしょう。

作家・クリエイターは絶対にビットコインを使え!


 日本は優秀な作家・クリエイターが多いのですが、作者たちが出した利益はあまり還元されていません。中古市場が強いですし、無料文化が育ちすぎて「創作物はタダで提供されるものだ」という価値観が生まれつつあります。漫画家も小説家も印税だけで食べていける人は極わずかで、才能があるのに兼業を強いられる人たちばかりです。

 日本には寄付・投資といった文化が未熟です。中国のホームレスたちは身体や持ち物にQRコードを貼りつけて、通行人から投げ銭を受け取っています。対して日本のクリエイターは自分のサイトにAmazonほしいものリストすら公開していません。そのうえで「アニメーターやってると生活できない」とか「お金欲しいので作品を買ってください」と苦しんでいます。

 ビットコインは簡単に個人に向けて送金できます。誰でも寄付を募れるし、どこからでも受け取ることができます。例えば、こういう状況だって起こりうるわけです。

もし貴方のサイトにビットコインの寄付アドレスを設置したら

「古本屋で買った漫画、意外と面白かったなぁ。でも、中古だと作者にお金が届かないんだよなぁ」

「他の作品を出してないかなぁと思ってググったら、作者のサイトが出てきたぞ」

「ふむふむ。この作者は面白いものを作るのに売れてないんだなぁ」

「あ、ビットコインのウォレットアドレスがある。ここから投げ銭ができるぞ」

「この間は作者の漫画を定価500円のところ、中古価格の100円で買ったんだ。だったら400円分のBTCを寄付しようかな」


 作家・クリエイターにビットコインをオススメするもうひとつの理由として、個人で商売をしやすいというのもあります。現在でもクラウドソーシングによって個人でも仕事を依頼・受注できますが、「クラウドワークス」や「ココナラ」といったサービスを利用することになり、そのサイトで決められたルールのなかで活動することになります。手数料も馬鹿にならないのが痛いですよね。

 ビットコインを利用すれば、完全に独立した環境で商売を始めることができます。どんなアイデアも邪魔されることなく、自分自身でルールを決められるのは魅力的ですよね。……といっても、ビットコインがもっと普及しないと難しいのですが、いつか訪れる「気持ちよく稼げる未来」のために、今から利用を検討するべきでしょう。

【ウォレット】
 仮想通貨を保管するインターネット口座のようなもの。アドレスを晒すことで送金ができる。

【クラウドソーシング】
 インターネットを介して、不特定多数に向けて仕事を依頼したり、募集している仕事内容から気に入ったものを受注するサービス。「仕事を頼む人と、受ける人の出会い系サイト」と考えると分かりやすい。

ビットコインについて抑えておくべき10個のポイント


 かなり長い記事になってしまったので、ビットコインの特徴について箇条書きでまとめてみました。

  1. 仮想通貨とはデータ上のお金のこと
  2. 国が関与していない、独立したお金
  3. 世界中で使える
  4. いつでも、どこでも、誰とでも送金ができる
  5. 送金速度が早い
  6. 法律の影響を受けない
  7. みんなで取引を管理するから安心安全
  8. 発行量が決まっているから価値がある
  9. 投機の対象にもなる
  10. 相場が安定しない

 文章を読むのが面倒な人は、上記の10箇条を覚えておけば大丈夫です。

 気になった方は、以下のバナーから登録してみてください。アカウント登録は数分で終わり、本人確認もインターネット上のやり取りで簡単に済ませられます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


この記事を書いた人

運営者:クロスグリ


 小説家志望の元ライター。
 プロの小説家になるべく、日々勉強しながらサイト運営しています。
 作品の下読み依頼や、個別相談(創作カウンセリング)等も受け付けています。
 気になったらTwitterフォローお願い致します。

このサイトについて 欲しいものリスト


スポンサーリンク

猿にでも分かる!ビットコインや仮想通貨(暗号通貨)の説明と、電子マネーとの違いを解説。一般的な使い道についても考察しました。読むのが面倒くさい人のために、最後に特徴を箇条書きにしています。

コメントを投稿

[disqus][facebook]

Author Name

{picture#https://4.bp.blogspot.com/-1zLucze5Byg/WA1R7mlH4hI/AAAAAAAAAYU/2gibmrPA7AITohNOUcfZi0ZYmNEt9UM1gCPcBGAYYCw/s320/S_4860987874792.jpg} YOUR_PROFILE_DESCRIPTION {twitter#https://twitter.com/crosgre}

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

© 2016 Project "Crosgre" Self employed. Powered by Blogger.