web小説紹介「ウラヌールの宿屋さん ~移住先は異世界でした~」


 ここでは「小説家になろう」にて掲載されている小説作品『ウラヌールの宿屋さん ~移住先は異世界でした~』を紹介しています。 

概要&あらすじ

作者名:木漏れ日亭

 大陸西北のロストール王国。その北の端に位置する地方領の町、ウラヌール。
この町は東西南北を大路で結び、領府を中心にした碁盤目状に区画整理された町だった。中央の高い尖塔が朝晩、時を告げる鐘を鳴らす。清潔で、のどかで、あたたかい心根の住人が集う町。近年ロストール王国内では、『闇の力』と呼ばれる邪な存在によって世界が色を失い、人はおろか動植物までもが生きる力を失ってしまう現象が頻発するようになっていた。ウラヌールでも領内全体がその暗い影に覆われるようになり、町は賑わいをなくし、人々からは笑顔が失われていた。

 そんな事情を知らない埼玉県に住む平凡……とは少々言えない家族がいた。仕事運のない元占い師の父、お料理好きで細かいことを気にしない母。本好きで詩を書いたり歌ったリするのが大好きな、黒髪の少女。新しい仕事先を探していた父が職安で示されたのは、羊皮紙に書かれた住み込み仕事の募集だった。
『町で、宿屋さんを営みませんか?』

 家族の大切さ、友情の絆、繋がることで起きる奇跡の『力』。
 主人公の少女と両親の三人が、移住先の異世界ロストール王国やウラヌールの町で出会う人々との触れ合いを通じて、様々な困難を乗り越えながら幸せを探していく物語。

(作品ページより引用)
※上記のブログカードをクリックすれば、作品ページへ飛びます。

ジャンル


 家族が異世界で宿屋を営むのですが、第一部の時点では現実パートと旅パートがほとんどです。現実パートでは主人公の特殊能力について、旅パートでは愉快な仲間たちと出会って楽しくやっています。

雰囲気


 一人称視点で、話によって語り手が主人公・父親・母親と変わります。1番多いのは主人公で、独特の口調や表現が印象に残ります。全体的にほんわかとした雰囲気なので、人によっては好きだったり退屈に感じたりと、好みが分かれるでしょう。

キャラクター


 悪役はほぼいない。ある種の幸せ空間と言えます。主人公とその家族はのほほんとしていて、危険な状況になっても楽天的だったりします。タロットカードが喋ったり、クマやゴリラと意思疎通できたり、ファンタジーというかファンシーと言った方が似合うかもしれません。

オリジナリティ


 作中作品として詩が登場したり、登場人物たちが歌いだしたり。作者さんが元々詩を書く人だからか、詩が挿入されていることが多いですね。自分は詩に関しては無知ですが、文字で読んでいるだけでもリズムが取れてて面白いと思いました。

感想・評価


文法・文章評価:3pt
物語(ストーリー)評価:3pt
※第一部 第5章 町の現状、そして。「【閑話】お誘い。」までの感想

 具体的にどこが良かったか、どこが悪かったか……という話はあまりしたくないですね。というのも、処女作だけあって第一部の序盤と終盤では技術に差がありすぎるんですよね。連載を重ねているうちにメキメキと成長していっている途中なので、余計なことを書いて作者さんを迷わせたくないです。

 文章については、序盤は本当に読みづらい。一人称視点で語り手が毎回変わるのですが、同じシーンを別視点で書いているだけだから退屈です。しかし、話数が重なるに連れて改善されていって読みやすくなります。今度は「三人称視点で良くない?」という問題が出てきますが。

 ストーリーについては、物語の展開が遅すぎます。ゆったりとした雰囲気自体は悪くないのですが、それゆえ場面ごとのメリハリが薄くなっています。後は異世界物なのに、序盤での現実パートが長すぎますね。異世界物を読む姿勢で読んでいたので、「いつ転移するんだろう?」と気になり、内容が入ってこない部分がありました。

評価基準
  1. 褒めようがない
  2. 読んで理解できる文章 or 物語
  3. 効果的な描写作り or 印象的なシーン作りを心がけている
  4. 効果的な描写作り or 印象的なシーン作りができている
  5. 商業作品レベル。文句をつけられない

紹介してほしいネット小説を募集中!



この記事を書いた人

運営者:クロスグリ


 小説家志望の元ライター。
 プロの小説家になるべく、日々勉強しながらサイト運営しています。
 作品の下読み依頼や、個別相談(創作カウンセリング)等も受け付けています。
 気になったらTwitterフォローお願い致します。

このサイトについて 欲しいものリスト


スポンサーリンク

ここでは「小説家になろう」にて掲載されている小説作品『ウラヌールの宿屋さん ~移住先は異世界でした~』を紹介しています。

コメントを投稿

[disqus]

Author Name

{picture#https://4.bp.blogspot.com/-1zLucze5Byg/WA1R7mlH4hI/AAAAAAAAAYU/2gibmrPA7AITohNOUcfZi0ZYmNEt9UM1gCPcBGAYYCw/s320/S_4860987874792.jpg} YOUR_PROFILE_DESCRIPTION {twitter#https://twitter.com/crosgre}

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

© 2016 Project "Crosgre" Self employed. Powered by Blogger.