web小説紹介「魔女的エクアージュ~失恋の腹いせに世界を破滅させる物語~」


 ここでは「小説家になろう」にて掲載されている小説作品『魔女的エクアージュ~失恋の腹いせに世界を破滅させる物語~』を紹介しています。 

概要&あらすじ

作者名:由斐レギナ

 こんな世界、壊れてしまえ――そう思ったことはありませんか?

 科学が繁栄した世界。主人公のユイは、学園の人気者であるルキノに告白するも、無残な形でフラれてしまう。その晩、途方に暮れていると、突如噴水の中から現れた、便所サンダルの美青年が言う。

「魔法の力で、世界を破滅させてみないか?」

 翌日も、教室で告白したことで虐められるわ、便所サンダル男のせいで化け物呼ばわりされるわ、犯罪者の人質になって殺されそうになるわ、親友には裏切られるわ――こんな私に優しくない世界なんて、破滅させてやるっ!

 腹黒い奴らの複雑な恋愛模様と、世界滅亡への道筋が絡み合うダーク恋愛ファンタジー!

(作品ページより引用)
魔女的エクアージュ~失恋の腹いせに世界を破滅させる物語~
※上記のブログカードをクリックすれば、作品ページへ飛びます。

ジャンル


 学園が舞台の恋愛・ラブコメ物。魔法や未来チックな要素もありますが、ハイファンタジーとローファンタジーの中間くらいのポジションです。恋愛がメインですが、バトルはちょいとだけ多め。

雰囲気


 三人称視点。詩的な表現がちょっと多すぎる気がしましたが、そこに目をつぶれば読みやすい部類です。真面目な恋愛とラブコメが混じっているのが独特の雰囲気を作っていて、読めば読むほど味が出てきます。

キャラクター


 登場人物の作りが、水準高いですね。一人ひとりのキャラは立っています。主人公+誰かという組み合わせで見た時も「この2人だから、こういう会話になる」と、ちゃんと書き分けが出来ているのが良かったです。

オリジナリティ


 キャラクターの魅せ方が良かったです。性格に二面性をもたせる(良いところも、悪いところも提示する)ことで、血が通っている感じを出せています。キャラ同士の関係を追っていくだけでも、結構面白いです。

感想・評価


文法・文章評価:3pt
物語(ストーリー)評価:3pt
※一幕 共闘尾行「そして伝説の唄は語り継がれる」までの感想

 少々荒削りな部分が目立ちますが、個人的には楽しめました。センスが良いというか、僕は好きですね。ただ、技術を数値にすると、控えめになります。

 文章については、良い時と悪い時の波が激しい印象でした。基本的には読み応えを残しつつ、しっかり読ませてくれます……が、唐突に説明・描写不足の文章が出てきます。三人称視点なのに、一人称視点と混合している部分があるのも、気になりました。

 ストーリーについては「雰囲気が良い」で止まっている感が否めません。ひとつひとつのシチュエーションにはグッと来るものがありますが、物語全体を見ると粗が目立ちます。長期連載を前提にした作りなのでしょうが、最初の10万文字時点では、世界観がただの飾りといったふうに見えました。後は、読後に残るものが欲しかったですね。

評価基準
  1. 褒めようがない
  2. 読んで理解できる文章 or 物語
  3. 効果的な描写作り or 印象的なシーン作りを心がけている
  4. 効果的な描写作り or 印象的なシーン作りができている
  5. 商業作品レベル。文句をつけられない

紹介してほしいネット小説を募集中!



この記事を書いた人

運営者:クロスグリ


 小説家志望の元ライター。
 プロの小説家になるべく、日々勉強しながらサイト運営しています。
 作品の下読み依頼や、個別相談(創作カウンセリング)等も受け付けています。
 気になったらTwitterフォローお願い致します。

このサイトについて 欲しいものリスト


スポンサーリンク

ここでは「小説家になろう」にて掲載されている小説作品『魔女的エクアージュ~失恋の腹いせに世界を破滅させる物語~』を紹介しています。

コメントを投稿

[disqus][facebook]

Author Name

{picture#https://4.bp.blogspot.com/-1zLucze5Byg/WA1R7mlH4hI/AAAAAAAAAYU/2gibmrPA7AITohNOUcfZi0ZYmNEt9UM1gCPcBGAYYCw/s320/S_4860987874792.jpg} YOUR_PROFILE_DESCRIPTION {twitter#https://twitter.com/crosgre}

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

© 2016 Project "Crosgre" Self employed. Powered by Blogger.