Twitterにおけるセルフプロデュース概論


 Twitterで人気者になる、基礎中の基礎を書きました。「小説家になろう」「カクヨム」などのweb小説だけではなく、絵師やユーチューバーなど、色んな人が参考にできるように普遍性の高い内容となっています。

勘違いされる「セルフプロデュース」の意味


 セルフプロデュースとは、「自分をよく知ってもらう方法」のことを指します。

 web小説界隈ではセルフプロデュースという言葉が、あまり良い意味で使われていません。ソースは調べても見つかりませんでしたが、どうやら偉い人が「自作品を見てもらいたいなら、セルフプロデュースが大事」と発言したところ、「駄作でも宣伝が良ければ売れる」と曲解して伝わってしまったようです。

 本来のセルフプロデュースは、そのような意味を含んでいません。そもそも駄作の知名度を高くしても「有名な駄作」になるだけであって、作品の評価が高くなるはずがありません。筆一本で生活したいのなら、どうやっても相応の実力が必要になります。


「俺の作品は素晴らしいのに、人気が出ない」
「知名度が高くなれば正当に評価されるはずだ!」

 ……と、考える人もいます。自分に自信があるのなら、新人賞に応募したり、講師活動をしている作家に持ち込んだほうがチャンスがあります。もしそれが出来ないのなら「知名度を上げる暇があったら、少しでも良い小説を書く練習をしろ」という結論になります。

 自分はセルフプロデュースを軽視しています。そんなことを考えなくても、頑張る人にファンが集まるものですから。しかし、頑張っているのに応援されない人がいることも事実ですね。そういった境遇には、セルフプロデュースが必要になってきます。

 まずはTwitterの利点を把握し、セルフプロデュースの基礎を知りましょう。

TwitterはTwitterで、価値のあるコンテンツを作る必要がある


 Twitterにおけるセルフプロデュースは、ふたつの効果があります。

1,自分のファンをひとまとめにする
2,自分のことを興味のない人に、自分のことを知ってもらう

 1番目は、多彩な活動をしていて、すでに一定数のファンがいる場合のみの話。多くの人は2番目の効果を意識することになります。興味を持たせるためには、TwitterはTwitterで独立したコンテンツを作らなければいけません。つまり、宣伝ツイートだけでは意味がないということです。

 Twitterを宣伝目的で利用するのなら、価値のあるアカウント作りを心がけましょう。単調で無機質なツイートばかりでは、形だけのフォロワーしか増えずに宣伝効果を出せません。とにかく「この人は面白い人だ」と思わせ、自分の存在をフォロワーの記憶に残すことを考えましょう。

平凡な人でも、人気者になれる


 自分のことを知ってもらうには「自分は生きている。何々ついて活動している」というアピールが重要になってきます。Twitterはコミュニケーションツールなので、生身の人間と関わりたい人が多いです。多くの人たちと接点を持つために、様々なことについてツイートしましょう。

 つぶやく内容は、自分の興味関心のある話だけで大丈夫です。そこに、自分だけの意見・体験を交えているのが理想的ですね。面白かったり、有益な情報をつぶやけたら良いのですが、平凡な日常生活でも十分「貴方らしさ」に繋がります。

 知名度を上げるには「個性」や「カリスマ」というものが大事になってきますが、これらは後からついてきます。Twitterというのは自由自在にコミュニティを作れる反面、環境が悪いとどんな個性的な人も相手にされません1番大事なのは「どう発言するか」ではなく、「自分のことを好きになってくれそうな人と、相互フォローすること」です。

セルフプロデュースにコミュニケーションは必須


 Twitterをやるからにはコミュニケーションは欠かせません。色んな人の意見を聞けますし、情報収集としても優秀。宣伝目的なら、コミュニケーションをとることで拡散性を上げられるのも大きなメリットですね。悲しいことに、顔見知り程度の人間に手を差し伸べる人はいません。

「チャンスは自分で掴め」という言葉があるように、コミュニケーションは向こうからやってきません。色んな人をフォローし、自発的にリプライを送りましょう。人間関係を築くのは時間がかかりますが、拡散性を上げる確実な方法です。

 誰かと仲良くする方法は簡単。自分にとって興味のあるツイートをした人がいたら、話しかるだけです。あまりにも単純すぎて信じられないかもしれませんが、人間というのは、自分に興味を持ってくれた人のことを覚えてくれるもの。それだけで十分なんです。

Twitter最大の利点は「コミュニティの境界線が曖昧である」ということ


 Twitterの良いところは、グループ機能が弱いことです。実質的なグループや、ダイレクトメッセージはありますが、ほとんどの人が普通にツイートすることが多いでしょう。仲良い人で固まっているような集団でも、その中に入るのはリアルほど難しくありません。

 まず1人のフォロワーと仲良くなって、お友達になる。次はお友達のフォロワーを漁り、フォローする。「友達の友達」は同じ人種であることが多い上に、共通の友人がいるので仲良くなりやすいです。いわゆる芋づる式と呼ばれるものですね。

 そうやってお友達を増やすと、自分なりの対人環境が出来上がります。到達するには試行回数を重ねるしかないのですが、面倒臭がることはありません。単純に、打算を排除して、仲良くしたい人と仲良くしてるだけで良いのですから。
 

【まとめ】普通に楽しむのが無難


 要は「生きている感を出すこと」と「同じ人種をフォローする」ことが大事なのですが、こんな意見も聞こえてきそうです。

「なんだ、大したことを書いていないじゃないか」

 そう思った方に、コミュニケーションを取らずとも人気者になる方法をざっくりと教えましょう。

・何かしらの実績を出す
・拡散されやすいツイートを投稿する
・様々なコンテンツを作る

 コミュニケーションを取るほうが圧倒的に簡単ですね。よくわからなかったら難しいことを考えず、普通に楽しんだほうが遥かに成果を出せます。よこしまな心は、態度から溢れるので注意してください。


この記事を書いた人

運営者:クロスグリ


 小説家志望の元ライター。
 プロの小説家になるべく、日々勉強しながらサイト運営しています。
 作品の下読み依頼や、個別相談(創作カウンセリング)等も受け付けています。
 気になったらTwitterフォローお願い致します。

このサイトについて 欲しいものリスト


スポンサーリンク

Twitterで人気者になる、基礎中の基礎を書きました。「小説家になろう」「カクヨム」などのweb小説だけではなく、絵師やユーチューバーなど、色んな人が参考にできるように普遍性の高い内容となっています。

コメントを投稿

[disqus]

Author Name

{picture#https://4.bp.blogspot.com/-1zLucze5Byg/WA1R7mlH4hI/AAAAAAAAAYU/2gibmrPA7AITohNOUcfZi0ZYmNEt9UM1gCPcBGAYYCw/s320/S_4860987874792.jpg} YOUR_PROFILE_DESCRIPTION {twitter#https://twitter.com/crosgre}

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

© 2016 Project "Crosgre" Self employed. Powered by Blogger.