web小説におけるあらすじの書き方


「小説家になろう」を題材に、あらすじの基本を書きました。

あらすじは成分表である


 読者があらすじに求めるものは、タイトルと同じく「これはどういった話なのか」というものです。しかし、使える文字数が多い分伝えなくてはいけないことも増えます。

 タイトルなら物語の要素を抽出することだけ出来れば良いのですが、あらすじの場合はそれに加えて「展開を抽出する」ということが大事になります。

 具体的には、以下の通りです。

文字数は100~300文字が基準


「小説家になろう」では、300文字を超えるあらすじは「続きを読む」によって折りたたみ展開表示されます。

 あまり長すぎるあらすじは、まず読まれません。折りたたみ表示されていると「あらすじなげえよ……」とマイナスイメージを与えてしまいかねません。

 文章は短ければ短いほど読まれやすくなります。出来れば100文字程度が理想なのですが、お話の内容によっては簡潔に説明できないものもあるので、「とりあえず300文字は超えない」をひとつの指標にしましょう。

「小説家になろう」では改行すると+1文字プラスされるシステムのようです。文字数に余裕がある場合は改行を駆使して文章を小分けにしましょう。一文が短いと読まれやすさが上がります。

序盤で一番大事な部分を説明する


 序盤とは、三幕構成でいうところの第一幕を指します。

 最初の舞台説明が終わって、最初のイベント(事件)が始まるまでのところは、物語を楽しむうえで重要な話が詰め込まれているはずです。

 どういう舞台で、主人公が何をし、どんなイベントが起こるのかを簡潔に説明するのはほぼ必須。序盤のなかで1番大事だと思う要素は特に大きくピックアップしていきましょう。

謎をひとつ残す


「出来れば入れたほうが良い」程度の話ですが、読者に興味をもたせるために「謎」をひとつだけ残しておきましょう。

 謎というとミステリーな印象を受けますが、要は「意図的な説明不足」です。主人公の能力や動機をぼかしたり、序盤の展開を一部端折ったり……中盤以降の展開をほのめかすのも効果的ですね。

 あまり謎を散りばめすぎると「あらすじとして機能していない」という評価になるので、注意が必要です。

まとめ


 今回の要点は、以下の3つです。

・あらすじは出来るだけ短くまとめよう
・序盤の概要を書こう
・意図的な説明不足で謎を作ろう

 とにかく「この話、好きかも!」と思わせたら勝ちです。あらすじに惹かれた人は、序盤がつまらないと思っても読み続けてくれたりするので。

web小説で学ぶタイトルのつけ方|KaKuKaKu


この記事を書いた人

運営者:クロスグリ


 小説家志望の元ライター。
 プロの小説家になるべく、日々勉強しながらサイト運営しています。
 作品の下読み依頼や、個別相談(創作カウンセリング)等も受け付けています。
 気になったらTwitterフォローお願い致します。

このサイトについて 欲しいものリスト


スポンサーリンク

「小説家になろう」を題材に、あらすじの基本を書きました。

コメントを投稿

[disqus]

Author Name

{picture#https://4.bp.blogspot.com/-1zLucze5Byg/WA1R7mlH4hI/AAAAAAAAAYU/2gibmrPA7AITohNOUcfZi0ZYmNEt9UM1gCPcBGAYYCw/s320/S_4860987874792.jpg} YOUR_PROFILE_DESCRIPTION {twitter#https://twitter.com/crosgre}

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

© 2016 Project "Crosgre" Self employed. Powered by Blogger.