映画『君の名は。』の感想!新海誠の集大成だった!


『君の名は。』を、今までの新海誠作品と比較しながら感想・批評・レビューを書きました。
 新海誠(2016). 『君の名は。』 「君の名は。」製作委員会

『君の名は。』のあらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。
小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。
行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。
二人は気付く。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。
残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、
時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。
しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。
入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、
三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」

辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた……。


出会うことのない二人の出逢い。
運命の歯車が、いま動き出す
映画『君の名は。』公式サイト

テーマは「変身願望」


「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

 男女の心が入れ替わるという、古典的な題材を扱っている今回の作品。大抵の場合はお互い望まない展開として進まれていくのですが、三葉は、自ら異性になることを願っていました。

 自分以外になりたい欲求を、心理学では「変身願望」と呼びます。異世界物やBL(ボーイズ・ラブ)といったジャンルも変身願望のひとつであり、現代の日本では非常に好まれているテーマと言えるでしょう。

 この手のテーマは「読者に夢を見せて、夢の中でどうするのか」が肝になってきますが、そこで終わらないのが新海誠作品のアート性。序盤で夢を叶えた三葉でしたが、いずれ終わる夢であることを中盤で提示します。そして、終盤では夢を現実のものとして手に入れて着地しました。

「夢を手に入れた人が、それは夢であることに気づき、夢を現実にする」

 現代的である変身願望というテーマに、一歩先の回答を出した作品と言えるでしょう。

入れ替わりによって思い出を共有していく瀧と三葉


 昔ながらの田舎町に、現代的な若者(三葉と、その友達)がいるところから物語は始まります。

 親に人生を縛られ、学校のクラスからは少し浮いている……世の中の不自由さを10代的に描きつつも、普遍性のある孤独を抱えている三葉は、作品世界に引き込むきっかけとして、これ以上ないほど機能していました。

 精神的ぼっちであった三葉は、瀧と入れ替わっていく中で、互いに理解し合える存在となっていきます。今まで1人であった自分に、他者が入ってくる。足りないものを補いあっていく。やがて2人だけの空間が形成されて、恋が生まれる。すれ違いシーンばかり取り上げられる新海誠監督ですが、こういった甘酸っぱい関係性を、さらっと描くのが上手い監督でもあります。その点は健在でした。

新しい新海誠と、今までの新海誠が混じったストーリーにドキドキする


 前半はラブコメ調、後半は新海節の効いたセンチメンタルなラブ・ストーリー。

 新海誠監督を知っている人なら、前半のコメディで度肝を抜かすでしょう。「やべ、劇場間違えた」という声が聴こえそうなくらい、今までとは違うタッチ。ギャグシーンも何回か挟まれていて、「新海誠作品なのに笑ってしまう」という事態が起きてしまいました。

 散りばめてきた軽いノリやギャグが、後半部分では観客の胸を締め付ける要因となります。夢が終わりを告げてからは、新海誠特有のすれ違いが乱発。監督を知っている人でも、知らない人でもオチがどっちに向かうのか分からず混乱していきます。

 これまでと比べて、明らかに演出の幅が増えていました。ティアマト彗星を一本の紐のように描写し、糸を使って「人と人の繋がり」や「時間の結び」を表現することで、多彩なシーンをひとつにまとめあげる。『秒速5センチメートル』では上映が終わっても物語が続いている余韻がありましたが、『君の名は。』では綺麗なオチをつけつつ、余韻も出せていました。

『RADWINPS』の主題歌が魅力を引き出していた


 これまでの新海誠作品でも特に、音楽を押し出していました。『RADWINPS』の『前前前世』『スパークル』は、センチメンタルな恋愛を良く表現できていて、世界観を十分に引き出せています。『秒速5センチメートル』にて評価の高かった『One more time, One more chance』を彷彿とさせる歌詞は、「新海らしさ」が大好きな人なら気に入るでしょう。

 入れ替わりドタバタコメディを音楽に載せ、ダイジェストで流すシーンはスピード感がありました。短時間で三葉と瀧の距離が縮まっていく……その様を上手く表現できたのは、『RADWINPS』の力が大きかったですね。

 余談ですが、主題歌のなかで個人的に好きだったのは『なんでもないや』です。サビに押韻が多くて、ライムマニアなら笑顔で頷きたくなる曲ですね。

不満点もないことはない


 序盤は三葉主体なので仕方ないのですが、瀧の心理描写をもっと見せてほしかったですね。三葉が「東京のイケメン男子」になるのは理解できますが、瀧が「田舎の美少女」になる理由がないように思えました。

 お互いのことを気になって、それが恋になるまでの過程がダイジェストだったので、2人がどれくらい距離が縮まっていたのか把握しづらかったのも難点。友達以上の関係になったのは分かりますし、涙を流すシーンで恋をしているのが確定されるのですが、ダイジェストと泣くシーンの間にワンクッション欲しかったところです。

総評


 映像美や儚さといった新海誠監督のアートに、エンターテイメントが付け加えられた作品でした。

 一般大衆がウケる要素を入れつつ、作家性を盛り込むスタイルは理想であり、作家としてひとつの完成形であります。

 新海誠監督は、理想の境地に達したと思います。『君の名は。』は必ず、歴史に名を残すでしょう。偉大な名作がこの世に生まれたのですから、是非劇場で楽しむことをオススメします。

予告ムービー・特別web小説



君の名は。 Another Side:Earthbound(角川スニーカー文庫) - カクヨム


この記事を書いた人

運営者:クロスグリ


 小説家志望の元ライター。
 プロの小説家になるべく、日々勉強しながらサイト運営しています。
 作品の下読み依頼や、個別相談(創作カウンセリング)等も受け付けています。
 気になったらTwitterフォローお願い致します。

このサイトについて 欲しいものリスト


スポンサーリンク

『君の名は。』を、今までの新海誠作品と比較しながら感想・批評・レビューを書きました。

コメントを投稿

[disqus][facebook]

Author Name

{picture#https://4.bp.blogspot.com/-1zLucze5Byg/WA1R7mlH4hI/AAAAAAAAAYU/2gibmrPA7AITohNOUcfZi0ZYmNEt9UM1gCPcBGAYYCw/s320/S_4860987874792.jpg} YOUR_PROFILE_DESCRIPTION {twitter#https://twitter.com/crosgre}

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

© 2016 Project "Crosgre" Self employed. Powered by Blogger.